« 前代未聞 | メイン | 駆けぬける歓び »

2006年09月10日

●イタリアン対決

MotoGP第13マレーシアGP、晴天のもと決勝が行われました。
優勝はロッシ、2位はカピロッシ、3位はペドロサでした。

終始ロッシとカピロッシによるトップ争いが続きましたが、
最終的にはロッシが競り勝ちました。

レース中盤は二人とも2分2秒前半のタイムを叩き出し、
なかなかハイペースなレース展開。

最終ラップで抜き返されて若干離されたカピロッシが、再び
最終コーナでカピロッシアタック(懐かしい?)してましたが、
届きませんでした。

極端に差がつかず、またコースが広いので若干のミスでは
大きく離されないこともあり、最後まで手に汗握るレース展開でした。

ペドロサは足の怪我にもかかわらず、ヘイデンの前で3位フィニッシュ
大したもんですね。

さて、チャンピオンシップはというと、上位3人の順位に変わりはないものの、
着実に差は縮まってきました。

 ヘイデン:201+13(4位)=214
 ペドロサ:176+16(3位)=192
 ロッシ:163+25(1位)=188
 カピロッシ:151+20(2位)=171

ここにきてカピロッシ復活により、ポイント面でも面白い展開になってきました。
次戦フィリップアイランド、もてぎと、ロッシ&カピロッシの得意なコースが続きます
ので、いっきにポイントを縮めるかもしれません。白熱してきました!

ということで、もてぎは今年も行かなくちゃ!
って感じなんですが、オーナーどうすんの??

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.oguitar.com/mt/mt-tb.cgi/417

コメント

Good info and straight to the point. I am not sure if this is really the best place to ask but do you guys have any thoughts on where to hire some professional writers? Thanks :)

コメントする