« 夏の海開き | メイン | MY09 911タルガ4も登場 »

2008年07月21日

●ロッシの意地

MotoGP第11戦アメリカGP決勝、終わりました。

早朝にLive放送でしたので、終わってからまた爆睡。(笑)

初日からストーナーは絶好調。また独走かなーと思ってましたが、、、

優勝はロッシ、2位ストーナー、3位バーミューレン。

地元アメリカ勢は今年も振るわず。
いいとこいけそうかな、と思った矢先のロレンツォは、ハイサイド&また骨折。
ミシュラン惨敗でした。

今回のロッシは、なんとしてでもストーナーを抑えるって気迫がびんびん。
とにかく前に出られたら、即座に多少無理してでも抜き返してましたね。

結局はストーナーのコースアウトでロッシに軍配上がりましたが、
やっぱりバトルではまだまだロッシは強い。意地を見ました。

レース後にストーナーから含めて批判が出ていましたが、そのくらい今の
ストーナーは速いってことですね。

バージェスさんの私見が書いてありますね。

「もし、ケーシーが80年代、90年代に、ケビン・シュワンツ、ウェイン・レイニー、ミック・ドゥーハンと一緒に走っていたら、毎週のように、このような出来事を目撃していたでしょう」

確かにこれは言えてますね。
しかし今回のことがストーナーの闘争心に火をつけちゃったことは間違いないでしょう。
後半戦が怖いです(笑)。

約1ヶ月間のサマーブレイクの間に、ロッシxM1はどこまでストーナーに近づけるか。
M1のポテンシャルアップに期待しましょう。 契約更新したんだしね!

バレンティーノ・ロッシ選手、ヤマハとの契約を2年更新 ヤマハ発動機株式会社

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.oguitar.com/mt/mt-tb.cgi/740

コメント

This blog seems to recieve a great deal of visitors. How do you get traffic to it? It offers a nice unique spin on things. I guess having something useful or substantial to post about is the most important factor.

コメントする